Original PC

自作PCの魅力を詳しく解説【低価格で作れる】

組み立て作業は結構簡単

見た目にも拘れる

男女

好きなパーツをゼロから揃えてPCを組み立てられるのが、自作PCの大きな特徴です。グラフィック機能を強化して描画スピードを高速化したり、徹底的したファンレス化によって静かなPCを組むなど、目的に沿ったPCを作れます。また、最新のPCゲームなどは極めて高いスペックを要求するタイトルも多く、メーカー製PCでは厳しい場合でも、自作PCなら推奨スペックに合わせて自在に組めるのが強みです。基本的に規格さえ合えば様々なメーカーのPCパーツを組み合わせて使えるため、導入パーツを幅広く選べます。自作PCの製作と聞きますと、非常に知識の要る難しい作業のように感じられますが、実際は既にできあがったPCパーツを取り付けるだけですから、組み立て作業はそれほど難しくありません。決めれた箇所に決められたパーツやケーブルを取り付けるだけで良いため、機械に詳しくない方でもチャレンジできます。半田ゴテを使った電子工作的な作業はありませんので、その点も安心です。さらに自作PCは本体のスペックのほか、見た目に拘れることも秀でた特徴になっています。主に要となるのはPCケースですが、多彩なデザインが販売されており、金属製だけでなく、アクリル素材で作られた透明ケースなども売られています。それらのケース内にネオン管をセットしたり、LED付きのファンや配線ケーブルを多用することで、イルミネーションが美しい極上のPCが作れるのも自作PCならではです。

サポートも受ける

PC

自作PCを作るにあたって、スペックを決めることが大切です。ちなみに、スペックが低いと動作が遅くなったりするため、使用用途によってパーツを選ぶことが重要です。そして、ベースとなるスペックの自作PCでは文書を作り、インターネットをするくらいになります。CPUもIntel製のCeleronやコアi3、メモリが4GBほどのスペックになります。相場としては、5万円ほどで作成ができます。最近はセットになって販売されているものがあり、自分で組み立てる製品があります。ちなみに、ディスプレイやキーボードなどは付属されていないため、別途購入が必要です。ちなみに、この料金にはOSも含まれていますが、オフィスソフト代は別途必要です。そのため、Microsoftのオフィスソフトを使う場合にはプラス38000円ほどになります。そして、画像編集や複数のアプリを起動する人はCPUが高めのものを選ぶことが必要です。それに加えて、ハードディスクも高速なSSDにすることによって、ストレスなく使えるスペックにできます。CPUがコアi5で240GBのSSDにした場合だと8万円から10万円になります。そして、ネットゲームやグラフィックソフトを使う場合には、CPUだけでなくグラフィックカードも取り付ける必要があります。ちなみに、自作PC作成で気を付けなければならないのが相性で、企画はもちろんのこと組み合わせなどは専門店で確認して決めることが必要です。自作PCでネットゲームなども満足できるスペックになると15万円以上必要となり、多くの人が20万円前後で作成をしています。

ネット通販でパーツ購入

PC操作

現代社会の必須品であるPCを自分で作成してみたいと思ったことのある方は多いのではないでしょうか。少し前までは、自作PCといえば秋葉原等の電気街に、自ら足を運んで探すことが一般的でした。しかしながら近年ではPCパーツもインターネットで手軽に購入できる時代になりました。今までは必要なPCパーツを探すために、自作PCの情報を全てメモした上で実店舗を歩き回る必要がありましたが、現代は自宅にいながらにして自作中のPCを確認しながら、部品の購入が可能です。近隣に大規模な電気街がなく、高い交通費をかけてパーツ購入を行う必要もありませんのでその分をパーツ代に充てて、ワンランク上の製品を買うことができるというメリットがあります。まだPCに知識が少ない場合でも、わからない単語を調べながらパーツを注文できるので自作PC初心者の方でも納得した上で、製品を購入することができるので目的にあっていないパーツを購入してしまうこともありません。また店頭にはディスプレイされていない製品もありますので、自作PC用パーツの選択の幅が広がることも魅力的な点です。欲しい製品がすでにきまっているのであれば、最安値のネットショップを探すことで価格面でもお得に購入できる可能性が高くなります。上述したようにPCパーツの通販は、様々なメリットが存在します。自分の足で探した部品でくみ上げるPCも素晴らしいですが、ネットを利用して、より楽に、よりお得に自分専用のPCをくみ上げてみてはいかがでしょうか。