Original PC

自作PCの魅力を詳しく解説【低価格で作れる】

パーツを買って自分で作る

魅力的なパーツの選び方

PC操作

自作PCを作る人が増えている現代では、さまざまなパーツがインターネットや専門店で販売されています。まず基本的なパーツの選択を行うことが自作PCを上手く作るコツです。一番重視しておきたいパーツはCPUです。CPUには多くの種類があり、このパーツの性能が悪ければPC自体の性能も下がります。既製品のPC自体を購入するのに比べて、安くで購入できるようになっているので、性能が高いCPUを選ぶ方が良いでしょう。次に高速スタートを取り入れたい人にオススメなのがSSDです。ノートPC自体を作りたい場合にも便利ですが、記録容量がやや少ない分スムースなスタートが可能です。PCの立ち上げに時間がかかるのが嫌な人は、パーツを選択する時に利用を考えておきましょう。SSD内臓のPCは高額になりがちですが、パーツとして購入する場合は金額もリーズナブルです。特に電源をつけたり消したりすることが多いなら、なるべく早い動作が必要になってきます。もし移動や外出先での使用を考えているのであればSSD導入を考えましょう。もちろん自作PCを作る場合は、それ以外にもモニターのサイズやマザーボードの選択、キーボードを選ぶなど多くの選択ができます。全て自分が好きなように組み合わせられるので、自分に最適なスペックを保つことが可能です。自作PCを向けのパーツ購入を行う時は、知識が不安なら専門店に足を運ぶようにして、手軽さを求めるなら通販での購入が最適です。

自作とメーカー製の違い

女性

自作PCは既製品と異なり、ケースからパーツまで、すべてを自分好みの色に染めることができます。もちろん、メーカー製の既製品も固定されたスペックの中から選ぶことはできますが、自由度はかなり低いと言わざるを得ません。その点、自作PCは一つ一つのパーツにこだわりを持って構成することはできます。既製品はすでに完成されたものを購入するため、すぐに起動して使用できます。知識が無くてもPCを使うことができるので、仮にソフトウェアに何らかのトラブルが起きた際、対応できなくなるリスクが潜んでいます。一方で自作PCはシステムドライブにPCを起動させるためのOSや、ソフトウェアの含まれたドライバーを、自分でインストールすることになります。一見すると手間が掛かりますが、その分PCの知識が身に付き、急なトラブルにも自分の力で対処できるようになります。既製品にはメーカーからの保証が付いており、保証期間内に故障した場合は修理を依頼することができます。ただ、修理する時はPC本体を渡さなければいけないため、修理期間はPCを触ることができません。また、修理費も高くなりやすい傾向にあります。自作PCはメーカーの保証がないので自分で修理する必要がありますが、異常を起こしているパーツを特定さえできれば、それを交換するだけで解決できてしまいます。そのため修理費は既製品と比べて断然安く済みます。既製品はメーカーがバックについているので安心感がありますが、自作PCは修理にお金が掛かりませんし、全体的にコストパフォーマンスが高い点が魅力です。

安く作ることもできる

ノートパソコン

デスクトップパソコンは普通に購入すると何十万円もするものが多くなっています。なかなか手軽に購入できるものではありません。そこで、多くの人は中古品を購入したり、デスクトップパソコンよりも安いノートパソコンを購入したりしています。ところが、自作PCなら手頃な費用で手に入れることも可能です。また、自作PCなら自分好みにカスタマイズすることもできます。いろいろなパーツを集めて作るため、一つのメーカーの部品だけで作ることはありません。それぞれの良い部品を組み合わせることによって、オリジナルのものを作ることもできるというわけです。ただし、自作PCにするにはそれなりの専門的知識が必要になります。素人では簡単に作ることはできません。インターネットを使って作り方を調べてみたり、書籍などを参考にして作ってみたりしましょう。もしくは、詳しい人にレクチャーしてもらうというのもお勧めです。日頃から自作PCをよく作っている人が身近に居れば、部品などもおすそわけしてもらえることもあるはずです。普通に購入するよりも断然お得な費用で作れるため、重宝すること間違いありません。また、中古の部品を集めて作ることもできます。中古であっても部品はまだまだ使えるものが多いため、有効活用しましょう。そうすれば、中古のノートパソコンを購入するよりも安くデスクトップパソコンを手に入れることができます。人によってもちろん異なるものの、費用は数万円もかからずに済むこともあります。